リスト

【001】定年後の戦略をたてる

50代にしておくべき100のリスト

わたしの場合、すでに組織から離脱しているので“定年後”と言われるとピンときません。
主婦の多くがそう感じると思うので、「これからの人生どうする?」と考えてみます。

戦略…つまり「将来を見通しての方策」。
これについてはもう方針が決まっていて、今のまま、フリーランスでやっていこうと思っています。

本はよく買うほうです。積んでおいたまましばらく放置する本もあるし、そのまま読まない本もあります。斜め読み専門なので最後まで読み切る本は少ないです。

この記事は50代にしておくべき100のリストの中から順番に1つのテーマについて書いているものです。

フリーランスになったきっかけ

妊娠を機にそれまで勤めていた会社を辞めることになりました。

その頃は「産休をとって復帰を」とも考えていたのですが、社長から「産後の受け入れが難しい」と言われてしまったのです。
(すでに経営が危うい状況だったようで、数年後に別会社の傘下に入り社名も変わってしまった)

マタハラというふうには思いませんでした。
「自分の力を試してみたい」という気持ちもあったので、個人事業主として仕事をはじめました。

フリーランスとしての経歴

2011年頃

妊娠中は、それまで勤めていた会社と契約し自宅でWEBサイトの更新業務を行っていました。

2012年~2015年

産後、子どものためにとったベビーマッサージの資格を活かし親子教室をオープン。
お教室業と並行してWEB講座の講師として全国へ出張。

2016年

WEB・企画の仕事のほうが性に合っていると感じるようになったため、親子教室は規模を縮小。
自然な流れでWEBを絡めたプランナーの仕事が増えていきました。

2017年秋

パワートラベラー実践会の阪口ユウキさんを知り、WEB資産を作る仕事にチャレンジすることを決意。

ほぼ同時期に実家の借金問題が発覚。祖父の介護をしながら実家と介護施設に通う日々が始まったため、さらに事業を縮小しながらWEB資産作りの勉強を始めました。

2018年

7月に祖父を看取り、借金問題をあらかた解決。
バーンアウト(燃え尽き症候群)だったのか、しばらく無気力になりましたが、先月(10月)からWEB資産を本格的に作り始めました。

今後の戦略

まず、2019年9月までにWEBからの広告収入を月20万円以上にすることが目標です。

そして、現在お付き合いのあるクライアント4社を1社にしぼります。
完全になくさないのは、わたしが企画職が好きだから。

そのためにもWEB資産構築への時間をできるだけ作っていきたいというのが当面の課題です。

目指すスタイル

資産サイト運営

得意ジャンルの資産サイトを5つ運営。
ざっくりとした目標は1サイトあたりの確定報酬20万円。これを5サイト作成し、メンテナンスをしながら次の企画を考えていく。

わたしがこれまでの人生でいちばん力を注いできたのがWEBディレクション。
いままでの仕事でいちばん大変だったのもWEBディレクション。
クライアントにも上司にも理解されず悔しい思いもしてきたし、社として大失敗をしたときには、なぜか矢面に立たされた。

正直に言うと、この仕事が好きか嫌いかすらもうわからない。

ただ、わたしの強みは他に思いつかないし、ここで成果をあげることでこれまでの苦労に報いたい。
そしたら過去の自分を癒せるだろうか。

プロジェクト

報酬の高低にかかわらず、「これやりたい!」という企画だけ取り組みたい。
またワクワクするアイデアを生み出したい。
これまで開発した商品は書籍化して紹介したい。