健康づくり

中年太りを解消したい! 今日はカラオケダイエットに挑戦してきたよ

カラオケダイエット

今日はカラオケダイエットでカロリーを消費しました。
わたしの目標消費カロリーは1日195kcalですから、90分歌えば目標を達成することができます。

中年太りを楽しく解消! カラオケダイエット

カラオケを90分歌うと、計算上では216kcal消費することができます。

さっそく挑戦してきたのですが、カラオケダイエットをする際に「こうしたほうが効果がありそう!」と気づいたポイントがありますのでまとめてみたいと思います。

カラオケダイエットは姿勢が大事

まず履いていたヒールを脱ぎました。
肩幅くらいに足を開き、モニターの前に仁王立ちします(笑)
座らずに立って歌うことで、より腹筋を使って歌うことができるようになります。

腹筋が使えているかどうかわからない場合は、お腹に手を当てて息を吸ったり吐いたりしてみましょう。
胸ではなくおへそのあたりが膨らんだり引っ込んだりしていれば複式呼吸できています。

カラオケダイエットにマイクは必要なし

最初はマイクを持って歌っていたのですが、数曲歌って声がでてくるようになったところでマイクを使うのをやめました。

マイクを使わずに腹筋を使って大きな声で歌うのです。
ヒトカラなので誰かに聞かせることが目的ではありません。
dokomoのCMでX JAPANの紅(くれない)を歌う高畑充希さんのような感じでおもいきり歌いましょう(笑)
曲によっては飛び跳ねたり踊りながら歌うと楽しそうです。

そして、
「どうしたら高音が気持ちよく出るようになるかな」
「ロングトーンができるだけ長く続くように、その前のタイミングで思い切り息を吸ってみよう」
など、研究しながら歌ってみるとよいと思います。

カラオケの機種によってはレッスン付きの曲がありますので、どう工夫したらよいかわからないという人は活用してみるのもいいかもしれません。

カラオケダイエットにエアコンは必要なし

エアコンをつけないほうが、だっくだくに汗をかけて気持ちいいです。
90分歌いきると「何かスポーツをしてきたんですか?」というくらい汗だくになります。

ただ、そこは身体と相談しながらです。
気分が悪くなりそうなのをガマンしてまで無理する必要はありません。
このダイエットのポイントは「気持ちよく」「楽しく」です。でなければ長続きしませんから、ガマンしすぎはNGです。

水やお茶などの水分もこまめにとるようにしましょう。

カラオケダイエットに食べ物や飲み放題は必要なし

ダイエット目的でカラオケに行く場合は、飲み放題プランはやめておきましょう。
お代わりに行く時間ももったいないですし、甘い物を飲んでしまっては本末転倒です。
ダイエットしに行くのですからワンオーダーで烏龍茶を頼めば十分。
カラオケ90分で消費できるのは約216kcalですから、そこは引き締めていきましょう。

カラオケダイエットは選曲が大事

「せっかく歌うなら、たくさんカロリーを消費する歌がいいな」と思って事前にリサーチしてみました。
結論からいうと、あまり参考になりませんでした。

わたしが紹介しているのは「気持ちいい」「楽しい」がポイントのダイエット。
あくまでも「自分が好きな歌」「歌っていて気持ちいい歌」を歌いながら “この曲、腹筋に効いてるなー” “この曲の高音、肺活量ハンパないなー” というダイエットに向いている曲を自分で見つけていくのがいいと思います。

自分がいかに気持ちよく大声を張り上げて歌えるかが大事。
自分が歌っていて気持ちの良い曲を見つけていきましょう。

そして、マイクを使わずにお腹から大きな声をだして、それはもう一心不乱に一生懸命歌う! これにつきます(笑)

ちなみに、リサーチした中でいちばんカロリーを消費するのは↓このうたでした。

長編歌謡浪曲 無法松の恋~松五郎と吉岡婦人~(36.1kcal)

カラオケがダイエットなので他は無理をしない

“カラオケ屋さんまで歩くか自転車に乗って行こうかな”とも思いましたがやめました。
暑かったですし。

カラオケ90分で今日のノルマは達成するのです。
他に無理をして嫌気がさしてしまうなど、このダイエット自体が続かなくなってしまったら意味がありません。

長続きする方法で楽しくダイエットを続けていきましょう!

カラオケダイエットに行くときのポイント

事前に歌える曲をリストアップ

事前に自分の歌いたい歌をリストアップしておくとよいと思います。
「次は何を歌おうかな…」と考えている時間がもったいないですからね。

もちろん、同じ曲を何回も歌ってもいいのですが、90分歌おうと思ったら20曲くらいはリストアップしておいて実際にかたっぱしから歌ってみる。
そして、
「この歌はあまり疲れないからカロリーの諸費が少なそうだな」
「この歌は腹筋に効いているな」
など、カラオケダイエットに適した曲を絞り込んでいくのです。

「昔よく歌ったけど、覚えているかな?」という場合にはCDをレンタルして聞き直してみるといいですね。


⇒ ゲオ宅配レンタル

汗をかいても気にならない服装で

これまで紹介してきた方法で歌うとかなり汗をかきますので、汗をかいてもいい格好で行くか、着替えを用意しておくとよいと思います。

夏ならタオルは必須です。本当に汗だくになりますから(笑)

カラオケダイエットは午前中がおすすめ

ダイエットの鉄則として「身体を動かすなら午前中」というのがあります。
朝や午前中のうちに身体を動かしておくと、1日のカロリー消費量が上がるのです。

今回は「まねきねこ」さんの朝うた(30分10円)を利用させてもらいました。
10時半頃に到着したら受付レジ前にはシニアの方たちの長蛇の列!
ざっと数えたら12人ほど並んでおり、順番がまわってくるまで10分ほど待ちました。
朝うたの人気の高さを痛感しましたので、次回はもう少し早めに出かけようと思います。

カラオケダイエットの料金

今回は「まねきねこ」さんの朝うた(30分10円)を利用させてもらいましたが、90分の利用で室料は33円。
ワンオーダーで烏龍茶を注文しても税込み400円です。

店舗によっては室料50円(30分)でドリンクバー無料のキャンペーンをやっているところもあるようなので、利用する店舗のホームページなどを事前にチェックしてみてくださいね!

例えば、1回400円の利用料だったとして、月に20日間通ったとしても1ヶ月で9,000円です。
スポーツジムやヨガに通う料金、もしくはダイエット器具や酵素ドリンク、サプリなどを購入する料金と比べたら?

腹式呼吸で腹筋が鍛えられ、楽しくカロリー消費できるカラオケダイエットのほうが、わたしはメリットがあると感じました。
なにより、辛くない! 楽しい! ストレス発散にもなる!という大きなメリットがあります。

カラオケダイエットで月に1kgずつ痩せる方法

わたしの場合、1日2時間カラオケで歌うことを24日間行うと、体重が1kg減る計算になります。

1kgの体重を減らすのに必要なカロリーは約7,200kcal。
カラオケを2時間歌うと消費されるのは約305kcal。
305kcal×24日=7,325kcalとなります。

歌うことが好きな人なら楽しみながら痩せられますね!

ダイエット系のアプリはたくさんありますが、わたしは「あすけん」がおすすめ。
摂取カロリーも消費カロリーも計算することができます。
ダイエットの目標をたてる際の目安にしてみてくださいね。