50代でしておくべき100のリスト

【018】生涯学び続ける

人生100年時代。
生涯現役で仕事やボランティアをする気概があるならば当然学び続ける必要があります。

この記事は50代にしておくべき100のリストの中から順番に1つのテーマについて書いているものです。

40~50代の学習意欲

本書によると「40~50代の学習意欲は高まっている」と言います。
仕事のための資格取得やスキルアップのために学ぶ人が多いのだと思います。

わたし自身も子どもを生んでからベビーマッサージのインストラクターの資格を取得し開業しました。
お客様の満足度を高めるために独学でデジイチ(デジタル一眼レフ)の勉強もし、親子教室に来てくれた方に親子のふれ合いフォトを撮影してプレゼントするとこれが大好評! 中には涙を流して喜んでくださるお客様もいらっしゃいました。

夫のほうも仕事に必要な資格があると帰宅後や休日に参考書とにらめっこしながら勉強して資格試験に臨んでいます。
これが出世につながりお給料がUPするのですから、家族としても応援しなければという気持ちになります(笑)

勉強する方法

大学やスクールに通わなくても通信教育で学ぶことができる分野もたくさんあります。
生活に役立つものから開業できるものまで幅広いジャンルの教養を自宅で身につけることができるのです。


興味を持ったことがあれば資格取得を目指して勉強してみる、資格がない分野であれば通信教育で知識を深めるなど行動に移すことで、今後の可能性が開けていくことは往々にしてあります。

学べる場がなければ関連の本を数冊読むだけでも知識量は格段に伸びます。
本を読むのが苦手は場合はオーディオブックという方法もあります。
わたしは読書が好きなので本も読みますが、家事をしながら本を聞けるのでオーディオブックも活用しています。


子育てのスキマ時間に本を聴いて楽しむ – audiobook.jp

このように、どんな方法でも生涯学び続けることはできるのです。

知識・経験が武器になる

わたしの個人事業は、ベビーマッサージの資格を取ったことで飛躍的な発展をしました。
地域の企業からお声がかかり協働で商品開発をしたこともあります。
会社員時代のスキルを活かしWEBコンサルやSNS担当、企業のホームページのリニューアルなどの仕事も得ることができました。

このように知識や経験を活かした仕事を得るためには、まず1歩を踏み出すことが大切です。
最初の1歩は小さくても、動いたことで多くの人と出合い、自分の力を必要としてもらえる状況に必ず出合えるからです。

人生100年時代。
あなたはこれからどんなことをしたいですか?