50代でしておくべき100のリスト

【020】95歳までに必要な金額を計算してみる

やっと具体的に参考になりそうな内容になってきました!
現在の50歳女性の平均余命は37.59年とのこと。

この記事は50代にしておくべき100のリストの中から順番に1つのテーマについて書いているものです。

何歳まで生きると想定する?

本書に合った平均余命まで生きたとして87歳。
タイトルの「95歳まで」というのは慎重を期してとのことっだそうですが、わたしの場合は105歳まで生きたいので105歳で計算してみます。

必要資金を知るために収入の概算を出す

・貯金にまわせる額
(予想される収入と支出の差額)
・現時点での資産
・受け取る年金額(年金機構のWEBで)
わたしの場合はこのあたりでしょうか。

まだお勤めされている方なら、退職金の想定額もプラスして考えることができますね。

どのくらいの出費があるのか不明

収入の概算は出すことができました。

と同時に、リフォームや介護費、介護施設へ入所した場合などの出費額をどう想定してよいかわからなくなり不安になりました。

本書にはファイナンシャルプランナーに相談して将来をシミュレーションしてもらうことを勧めていますので、それも方法の1つかなと思います。

介護費については次回【021】のテーマになっていますので次回の更新時に概算することにします。