その他

主婦はアメブロがお好き? アメブロでアフィリエイトはできません?

ブログで稼ぐ

「できる」か「できない」かで答えると「できる」です。
しかし、報酬はドットマネーで支払われます。アメーバブログ(以下アメブロ)のヘルプにも書かれていますのでご確認ください。

個人事業主のアメブロ商用利用について

アメブロは、そもそも商業行為が禁止です。
個人事業主の利用が多いですが、他のアメブロユーザーに害を与えるような使い方をした場合はアカウントを削除される可能性があります。

検索ボタンから選択できるアフィリエイトは「楽天」「ユニクロ」「Amazon」のみ。
一般的なA8などのアフィリエイトプラグラムには対応しているのかわかりません。

アメブロのヘルプで確認すると…
質問:「既存の他社アフィリエイトサービスのIDを使えますか?」
回答:「はい。今までどおりの手順で自分のブログにアフィリエイトリンクを貼り付けてご利用ください。ただし、禁止タグを含む一部アフィリエイトリンクはご利用いただけませんのでご了承ください。
というざっくりとした説明のみとなっています。

どのASPに対応しているのか検証する時間ももったいないので、さっさと他の無料ブログを使うかWordPressでサイトを作るなどを検討したほうが建設的でしょう。

アメブロは商業行為を禁止しています

個人の仕事の告知や宣伝にアメブロを使っている人は知っておいてくださいね。
アメブロを運営しているサイバーエージェントは、そもそもアメブロでの商業行為を禁止しています。

該当の箇所は「Amebaの利用規約」>「第13条(禁止事項)」>「(4) 当社の承諾のない商業行為」。
ぜひ一度、自分の目でご確認を。

いまアメブロを商業利用している人は「見逃してもらっている」という認識がいいのかなと思います。
「商業利用してもいいとは言えないけど、他のユーザーさんの迷惑にならないようにルールをわきまえて控えめに使ってくださいね」と言った感じでしょうか。

サイバーエージェントとしてもアメブロ利用者が減ってしまうのは困りますので厳しくは取り締まらないのだと思います。だってこんなにたくさんいる個人事業主のアカウントを停止してしまったら、企業からの広告収入が減ってしまうから。
「アメブロの利用者は4,000人です」よりも「アメブロ利用者は4,000万人を超えています」のほうが広告出稿主が高い広告費を出してくれるのです。

アメブロを使っているみなさんやアメブロを読んでいる人たちが広告バナーをクリックしてくれるから、サイバーエージェントは企業から広告収入を得ることができます。

ちなみに、芸能人のようにたくさんのユーザーから記事を読まれるようになるとブログの書き手にも広告収入が入るようになりますが、一般人がそこまでのPV(ページビュー)を稼ぐのは、制約が多いアメブロではほぼ不可能だと思ったほうがいいでしょう。

個人で広告収入を得たいのなら

個人で広告収入を得たいのであれば、おすすめする方法は2つです。
(1)WordPressでホームページをつくる
(2)無料にこだわるならライブドアブログもしくはseesaaブログを使う

アメブロが消される可能性も

アメブロの運営母体であるサイバーエージェントは、利用規約で「当社が止むを得ないと判断した場合は、アメブロを停止・中止・終了しますよ」とも言っています。
例えばそれが自然災害などの非常事態であったとしても、労働争議などサイバーエージェント内部の問題であったとしてもです。

つまり、ある日突然アメブロ記事が見られなくなったり、ブログ自体がなくなってしまっても(アカウントを削除されても)文句は言えないということです。

アメブロ商用利用者はバックアップ必須

あなたが自分の仕事の宣伝・告知をアメブロで行っている場合、そのブログがある日突然消えてしまったら? ビジネスとしては致命的ですよね。

アメブロ利用者は利用規約を読んで納得した上で使っていることになっています。
アメブロを使い続けたいのであれば、せめてこれまでの記事のバックアップはとっておきましょう。

アメブロはSNS

わたしの周りでもアメブロで商業告知をしているお友達が多いです。

「どうしてアメブロなの?」と聞くと、「みんなアメブロでやってるからね」、「女性ユーザーが多いから」などの返事が返ってきます。

なんとなくわかる気がします。
わたしはアメブロのフルカスタマイズを請け負っていたこともあるので機能はだいたい把握していますが、ペタとか読者登録とかアメブロ独自の機能って、もはやSNSですよね。

サイバーエージェント的にもSNSっぽく使って欲しかったのかな?と考えることがあります。だとしたら早すぎたのでしょうね。
Twitterやfacebook、Instagramなどを使う人が増えてSNSの概念が一般に広まったのってここ数年のことです。
それまでペタや読者登録やメッセージのやりとりは個人事業主たちが集客のために利用していたという印象のほうが圧倒的に強いのです。

アメブロ商用利用ツール

「読者登録を上限の50名分申請するだけで1時間くらいかかります!」
「いいね!やペタは、とてもじゃないけど上限まで手動では出来ません」

もうさすがにいないとは思いますけど、もしまだこういう人がいらっしゃったら、その時間もったいないですよ。

自動でできるツールもありますが、そういったものを使っても、もはや効果はないはずです。わたしがアメブロカスタマイズを請け負っていた5年前にはすでに効果がありませんでした。

もし「どうして無駄なの?」と思うようでしたら、逆の立場で考えてみてください。
自分のよく知らない人から「いいね!」や「ペタ」や「共感しました!」というメッセージもらっても、その人が興味のないビジネスをしていたら? 繋がりたいと思いますか?
ロックオンされているだけだと気づきますよね。

アメブロはもはやSNSだと割り切りましょう。
繋がっていたいアメブロユーザーさんや芸能人がいるのであればアメブロを継続してもいいと思います。無料ですし。
でも繋がったその先に、あなたにビジネス的メリットがないのであれば、アメブロを卒業、もしくはメインサイトを別で作るという選択肢を意識するべきです。

WordPressで作るホームページ

これからのおすすめは断然WordPressです。
アメブロから見込み客を獲得している女性起業家たちも、本気でビジネスをしている人は別の公式サイト(WordPressが圧倒的に多い)を持っています。
SEOと言って検索結果に表示されやすい特性がありますし、なんと言っても独自ドメインのWEBサイトは信頼性がありますからね。

費用はドメインとサーバー代で年間5,000円程度。月額に換算しても500円程度です。スタバで飲むコーヒー代くらいで信頼性が買えるのですから、経費として考えてみてはいかがでしょうか。

WordPressでホームページを作るには

アメブロが更新できる人なら、WordPressの本を1冊買って勉強すれば、無料のテーマを入れて運営するくらいのことはできると思います。もし、それでも作れそうになければ、おもいきって外注してしまいましょう。

「とりあえず」ならライブドアブログ

WordPressを視野に入れて、まず無料で自分メディアを構築するならライブドアブログをおすすめします。
ライブドアブログでしたら商用利用可能ですし、ゆくゆく独自ドメイン(http://あなたのオリジナルドメイン)を取得して、そのままライブドアブログで記事を書き続けることもできます。
いずれWordPressに記事を移管したいという場合にも引っ越しがラクにできます。

ビジネス利用を視野に入れた場合、見込み客の目に止まって選ばれるためにSEO対策やキーワードを意識した記事を書く必要がでてきます。
独自ドメインの自分メディアを運営したほうが、よっぽど収益化しやすいのです。

独自ドメインのWEBサイトはあなたの持ち物。アメブロのように「アカウントを消されてしまうかも」という心配はありません。

それでは、あなたの屋号や名前でドメインがとれるかどうか、年間いくらくらいなのかをムームードメインで調べてみましょう。
その場合、「.jp」「.com」「.net」の中から選ぶことをおすすめします。

他の安価なドメインを選んでも更新の際に値上がりする可能性があります。それに、せっかっくの独自ドメインなのに信頼性が低いためおすすめできません。
せっかくですから「.jp」「.com」「.net」のいずれかで取得できるドメインを選びましょう。


格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─