小1の壁

11月10日 学童保育の申し込み

学童保育の申し込み手続き

学童保育の申し込み時期

申し込みの開始時期は学童保育によって異なりますが、だいたい10月頃から12月にかけて入所申し込みの受け付けが行われているようです。

我が家の場合は、息子が通う保育園が運営している学童保育を希望していました。
11月に入り、息子の通う園を通じて学童保育から入所案内が届いたのでスムーズに手続きを行うことができました。

学童保育入所案内11月上旬に届いた学童保育の入所案内

学童保育の必要書類

我が家の場合、希望の学童保育に入所するために必要な書類は下記3つ。

①入所案内(入所申込書)
②家庭環境調査票
③学童メール連絡網登録用紙

いずれも①の入所案内と一緒に届きました。

申し込み方法

①入所案内(入所申込書)
②家庭環境調査票
この2つは「11月中に提出を」とのことだったので、必要事項を記入して息子に持たせ、園を通じて学童保育に提出しました。

③学童メール連絡網登録用紙
「学童メールの運用開始は来年4月から。それまでに登録しておいてください」ということでした。
忘れてしまうとこまるのですぐに登録を済ませました。

手続きはこれで完了です。
息子が通っている保育園と学童保育の運営団体が同じなので、保育園からお世話になっている児童は優先して学童保育に入所させていただけるということでした。
審査などはなく手続だけで入所が確定したのでホッとしました。

学童保育の確保は保育園に入れるときに考える

我が家が希望していた学童保育は、息子が通う保育園が運営しています。
最初に保育園の利用者向けの学童保育の入所希望者を募り、定員に余裕があった場合、追加で他の園の児童を募集するという手順で募集をかけているようでした。
さらに、当初の定員の児童たちが学童保育に行きはじめてしばらくしてから、他の幼稚園や保育園出身の子どもたちが1人、2人とこの学童保育を利用し始めました。
つまり、待機児童がまったくいなかった訳ではなくキャンセル待ちをしていた人たちもいたようなのです。
このようなことを考えると、保育園に入れる段階で、付属の学童保育があるかどうか確認しておくのもひとつの方法ですね。