ツール・アイテム

アフィリエイトで成功するには? 書き続けるために大切なこと2つ

ビジネスアイテム

アフィリエイト成功の秘訣は「書き続けること」。
収益を上げているアフィリエイターさんは誰しもがこう言います。

確かにそれはそうなんだけど。
書くことが好きな人ならともかく、わたしもそうですが「書くことが好きなわけではない」とか「得意ではない」という人はどうしたらいいのでしょう。

考えて考えてわたしが導き出した答えは2つ。
(1)何かを捨てる
(2)ツールにこだわる
です。

アフィリエイトを成功させるためにわたしが捨てたもの

「捨てるってどういうこと?」って思いましたか?
つまり、今の生活から何を捨てて、書くための時間を作るのかということを言いたかったのです。

主婦って忙しいんです。
家事も育児もして自分の仕事もします。
わたしの場合は父と祖父母の介護、一時期は叔母の生活のサポートもしていましたので、それはそれはテンテコマイでした。

この生活の中にアフィリエイトをする時間を取り入れるわけですから、当然何かを捨てなければなりません。

掃除の時間を捨てる

ルンバ、いわゆるお掃除ロボットを購入し、掃除の時間を捨てました。

わたしは自宅にいるときはリビングで仕事をしています。
その間ルンバは、寝室・廊下・子ども部屋・物置部屋を掃除してくれます。
リビングの掃除は、わたしが留守にしている間にしてもらいます。
ルンバをセットして出かけるだけ。帰宅する頃には床やソファーの下のホコリがなくなっているのでサッパリして気分がいいです。

買い物の時間・メニューを考える時間を捨てる

ルンバの流れを受けて、他にも家事の時間で短縮できるものはないか考えてみたところ、買い物の時間をなくすことができそうだと気づきました。

わたしが利用しているのはヨシケイ。食材を宅配してくれるサービスです。
野菜などは切った状態で届くので本当に、焼く・煮る・炒めるなど調理するだけ。
メニューも決まっているので「今晩のおかず何にしよう?」と悩む時間も節約することができます。

注文するときに「この日はいらない」と選んで注文できます。
まず週に1度くらいの頻度で試してみるのもいいかもしれません。


⇒ 【簡単バランスごはん】栄養士の献立で簡単レシピのヨシケイ♪
初回キャンペーン中!

ときには調理する時間も捨てる

作る時間も節約したいという日もあって、そんなときのために週に1回だけ冷凍宅配弁当を注文していたこともありました。

冷凍で届くので冷凍庫に保存しておくことができ、「今日は作る時間がない!」「疲れた!手を抜きたい!」という日にレンジでチンして食卓へ。


⇒ 【配送無料】★初回半額★冷凍宅配弁当♪

消費しきれないお弁当が冷凍庫を占領するようになってきたので注文するのをやめましたが、栄養バランスの良いお弁当なのでオススメです。

テレビを見る時間を捨てる

だらだらとテレビを見る時間というのは本当にもったいないです。
ワイドショーなんて、つい見はじめてしまうと20分~30分経つのがあっという間。
その時間に1記事書けるんじゃなかと思うと、本当にもったいない。

録画しておいた番組(特にドラマ)を次々見てしまうこともあって、そんなときは「やってまった!」とものすごく後悔します。

せめて「バラエティー、ワイドショーは見ない」と決めて実践したいものです。

記事を書く、更新するためのツールにこだわる

パソコンにこだわる

記事を書くためのツールはパソコンかスマホだと思いますが、わたしの場合は断然ノートパソコン派です。
スマホで文字を入力するのが苦手なわたしは、LINEやメッセンジャーなどの返信もノートパソコンを開いて送っています。

わたしが使っているのはパソコンはSIMフリーの機種。これにデータ通信専用のSIMカードを入れているのでスマホと同じように使えるのです。

電源を切るのは眠るときだけ。昼間、使っていないときはスリープモードにしてあります。
ですから「使いたいな」と思ったときにパッと開けばもうネットに接続されています。
WIFIやスマホのテザリングに接続するといった、わずらわしいひと手間が省けるのが、他のパソコンとの大きな違いです。

インターネット回線にこだわる

わたしがパソコンに入れているのはDTIのデータ通信用SIMカード。使い放題で月額2,200円(税別)です。

約6,000円ほどかかっていた自宅の光回線は解約してしまいましたが、まったく問題ありません。


スマホは確認ツール

わたしがパソコンで更新作業をしていることはすでに書きました。
普段はパソコン画面でサイトをプレビューして誤字脱字チェックなどをしています。

でもいまや、パソコンよりもスマホでサイト閲覧する人の方が圧倒的に多いわけです。
そこでスマホの出番です。
「お客様からはどう見えているのか」と確認するために、自分の作ったサイトをスマホで表示させてチェックします。
この段階でレイアウトや文章のおかしさに気づいて修正することも多いです。