健康づくり

最後のダイエットになる予感大!カロリー貯金ダイエットが結構いい!

中年太り最後のダイエット

カロリー貯金ダイエットって知っていますか?
アメーバブロガーのホネホネロックさん考案のダイエット法で、失敗しない減量法として話題になっています。

カロリー貯金ダイエットとは

カロリー貯金ダイエット(以降、カロ貯)の考え方はいたってシンプル。

カロリー貯金ダイエット

(1)まずは1日の総消費カロリーを調べる
(2)摂取カロリーはざっくり多めに計算する
(3)[消費カロリー]ー[摂取カロリー]=[カロリー貯金]
(4)カロリー貯金が7,200kcal貯まれば体重が1kg減る

たったこれだけのシンプルな考え方が、妙にわたしのハラに落ちたのです。

5kgの増量は1日100kcalの積み重ねだった

人間って、1kcal太るためには消費カロリーよりも余分に7,200kcal摂取しなければなりません。

例えばわたし、この1年で5kg体重が増えました。
つまり、この5年で36,000kcal(7,200kcal×5)も多く摂取してしまったということです。
5年で計算すると「そりゃ太るわッ」と納得の数字ですけど、でもちょっと待ってください。
これを1ヶ月に換算すると36,000kcal÷12ヶ月=3,000kcal。
1日に換算すると3,000kcal÷30=100kcal。

100kcalってぜんぜんたいした量じゃありません。
例えば、ゼリーたった1個分!
ヤクルトたった1本分!
クッキーたったの1枚分!

ドカ食いした日もあれば、少食だった日だってありました。
でも、平均して1日に100kcalオーバーし続けた結果、1年で5kgも太ってしまったのです。

俗に「代謝が落ちる」という中年太りの正体を見たような気になります。だって、食べている量は若い時のほうが多いくらいです。

カロ貯ダイエットを3日間試してみた結果…

例えば、わたしの1日の総消費カロリーを1,840kcalと仮定します。
1日の摂取カロリーを1,600kcalに抑えたとすると、240kcal貯金することができます。

1日240kcalの貯金を1ヶ月続けると…
240kcal×30日=7,200kcal、つまり1kg減量することができます。

とってもシンプルですよね。

3日前からカロ貯をはじめて「お腹が空いたな」という感覚を噛み締めて生活しています。
昨日はガクっと体重が落ちたけど、今日はまたも元に戻ってしまいました。
これ、当たり前なんですよね。1kg体重を減らすには7,200kcalを貯金しなくちゃいけないわけですから。だから全然がっかりしないんです。

でも今までのダイエットもどきは、ここで怒りが爆発するのです。
「こんなに頑張ってるのに全然体重減ってないじゃん!!」と。

カロ貯はね、それがない。
ないのがいい。

だっていまのペースで貯金できれば、1ヶ月で1kg、2ヶ月で2KG痩せる計算になりますから。
それが理解できるので、まったくあせりもありませんし、悔しい気持ちも湧いてきません。
「2ヶ月後が楽しみだな」とさえ思います。
自分でウソの申告をしない限り、ちゃんとカロリーをセーブできていれば、いずれそのときがやってくるのですから!

この空腹感は、これまで自分を甘やかしてきた証です。
そう思うと、自業自得だと納得することができるし、空腹に耐えていこうという愚直な気持ちになることができます。
(いまのところ)

カロ貯はアプリや活動量計などのツールを使うとわかりやすいです。
次回はわたしが活用しているツールを紹介してみようと思います。