本気ダイエット

本気ダイエットに使うアプリを紹介。活動量計もあればベスト!!

スマートウォッチ

前回は本気ダイエットの理論的なことを説明しました。

このダイエットが失敗のしようがないものだということはおわかりいただけたと思います。

#当初の目標が1ヶ月に2kg減だったところ4kg痩せてしまったのは誤算でした。これについては、「摂取カロリーを多く考えすぎている」か、「1日の総消費カロリーが実はもう少し多い」か。
ハイペースすぎると継続できなくなるか体調を崩す可能性があるので、原因を探って目標を補正したいと思います。

具体的な方法

それでは気を取り直して、本気ダイエットを行うためのツールを紹介します。

カロリー計算おすすめアプリ

食べたもののカロリーを算出し記録を付けていきます。
この辺はひと昔前に流行ったレコーディングダイエットのノリですね。

今はスマホアプリで記録するのが便利。
わたしがメインで使っているのは「バランス」です。
「バランス」ダウンロード

「バランス」でいちばん気に入っている点は、食べたものを入力していくと、今日あと何カロリー食べられるか表示してくれること。
(事前に目標設定が必要)
例えばお昼にちょっと食べすぎてしまったときなんか、夜は何カロリーまで食べられるのかを表示してくれるので、夕食を作るときや取り分けるときの目安になります。

***

「バランス」でカロリーがわからないときは「あすけん」で調べてから「バランス」に入力しています。
カロリー計算アプリ「あすけん」ダウンロード

わたしがあすけんをメインで使わない理由は「野菜をもっと食べましょう」とか「ビタミンが足りていません」などのダメ出しをされるから。
カロリー制限をしているわたしにとってモチベーションが下がるアドバイスが多いのでメインアプリとしては使いません。

しかし、「あすけん」は登録されている食品数が多いのです。コンビニ・ファミレスなどのメニューもほぼ網羅しているので、外食・買食した際には重宝します。

自分に合ったアプリを探そう

今はいろんなカロリー計算アプリが出ています。
紹介した以外にもたくさんありますので、自分が続けやすいと思うもの、自分に合っていると思うものをぜひ見つけてみてください。

わたしが使っている「バランス」は非常にシンプルですが、炭水化物タンパク質資質の摂取量がひと目でわかるように円グラフで表示されます。
いくら減量中とはいえ筋肉が減ってしまうことは避けたいので、タンパク質は1食24g、1日72gを目標に摂取できるように気をつけ、炭水化物・脂質は取りすぎないように気をつけることができるので気に入っています。

消費カロリーがわかるおすすめアイテム

自分の基礎代謝と1日の総消費カロリーを知りたい場合には、活動量計が便利です。
ベルトにつけたりポケットに入れたりするタイプのものが主流でしたが、最近はスマートウォッチにも活動量計の機能が付いたものがあります。

ちなみにわたしが使っているのはOMRON(オムロン)の活動量計です。

WellnessLinkという(アプリや体重計とリンクできた)サービス対応機種でしたが今年3月にサービス終了してしまいました。でも活動量計としては普通に使えています。

Amazonで探す

活動量計を購入してもよいですし、検索エンジンで「総消費カロリー 計算」などのキーワードで検索すると、計算できるサイトをいくつか紹介してくれます。
身長・体重・年齢・活動レベル(たくさん動くのか、座っていることが多いのか)を入力すると大体の総消費カロリーを算出してくれますので、この数字を目安に1日の摂取カロリーを決めることもできます。

これで準備が整いました!
Amazonでスマートウォッチを探す