健康づくり

たくさん汗をかく暑い夏の日こそ使い捨てのカイロを持ち歩くべし!!

お腹の冷え

2018年。
気象庁が「今年の夏は異常気象だ」と発表するほどの酷暑続きです。

小学校では、夏休みのプールや夏祭りへの子ども神輿(みこし)の参加が中止になりました。

でも、「こんな酷暑だからこそカイロが必要だな」と思う場面があったのででシェアしたいと思います。

暑い日ほどお腹が冷える

1日中エアコンのある屋内で過ごせるのなら話は別ですが、外に出なければならなかったり、買い物など外の用事から帰ってきたときなどは要注意です。

汗をたくさんかいた後にエアコンの効いている室内に入ると、かいた汗が冷えて体を冷やしてしまうのです。

汗というのは本来そういう目的…つまり体温を下げるためのものなのですが、汗をかいたあとにエアコンのきいている室内に長時間いると体が冷えすぎてしまいます。

このときに特に気をつけたいのがお腹の冷えです。

体の冷えはお腹に伝わる

例えば、お尻などの脂肪の多い部分は特に冷えすぎてしまうことがありますよね。
夏なのに、トイレに入ったときにお尻に触れるとヒンヤリ冷たくなっていることがありませんか?

脂肪の冷えはお腹にも伝わってくるので特に下腹は冷えやすくなります。
夏に下痢をしやすい人は要注意。
冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎだけでなく、汗でお腹を冷やしているということが考えられるので気をつけましょう。

体やお腹の冷え対策

夏でもカイロを持ち歩くと便利です。
汗をかいた後、エアコンの効いた部屋に移動すると、脂肪が多い人ほどお腹やお尻が冷えますので、手っ取り早く温めることのできる衣服に貼れるタイプのカイロを持ち歩くのがおすすめ。

特に子どもは気をつけて

特に体の小さな子どもは外気の影響を受けやすいです。
これは、大人と違って体の体積が小さいため。
外気が冷たければ体はあっというまに冷え、逆にお風呂では体の深部まで温まるのが大人よりも速いです。

汗をかいた後、エアコンのきいた部屋や車内に移動する場合は、お腹が冷えすぎないように気をつけてあげてください。

対策としては、子ども用の着替えを持ち歩くときに、一緒に腹巻きも常備しておく。
車の中にはブランケットを1枚入れておくと良いと思います。