小1の壁ってなに? 小学校1年生になる子のママは知って備えよう!

ママと子ども その他

「小1の壁」
おもに、共働きやひとり親世帯において、子供の小学校入学を期に、仕事と育児の両立がむずかしくなること。
親の退社時間まで子供を預けられる施設が見つからなくなったり、保護者の負担が増えたりすることにより、働き方を変えなければならないような問題が生じる。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

スポンサーリンク

小1の壁って何だろう?

小学生の帰宅時間の壁

保育園に通っていたころは、延長保育というシステムがありました。
希望すれば、朝は7時ごろから、夜は19時頃まで子どもをあずけることができました。
お迎えが遅くなる場合には軽食を用意してくれるなど、安心して子どもの保育を任せることができました。

しかし小学校ではそうはいきません。
入学してすぐの頃は午前中で授業が終わってしまいますし、給食が出て午後まで学校で過ごすことがあっても、帰宅時間は保育園のそれとは比べ物にならないほど早いのです。

学童保育の利用時間の壁

放課後(学校が終わった後)、子どもの保育をゆだねる場所として「学童保育」があります。
子どもの人数に対して学童保育が少ない地域では、審査によっては利用できないという問題も出てきます。
運良く学童保育に入れることができたとしても、18時に閉まる施設がまだまだ多いのが現状です。

そのため、おじいちゃんやおばあちゃんにあずかってもらったり、ファミリーサポートを利用したり、保護者が勤務形態を変えざるをえなくなるというような場合もありえるのです。

これがいわゆる「小1の壁」です。

働き方の壁

職場で「育児短時間勤務制度」を利用していたのに、子どもが小学校に入学したら適用されなくなったという声も聞きます。
親が参加する学校行事が増えることで、仕事の休みをとったり、遅刻・早退でスケジュール調整するなど、親の負担が増えるという問題もあります。

「小1の壁」というキーワードで検索してみると、このように、放課後の過ごし方(学童関連)と、仕事への影響問題が多く掲げられていました。実際に新小学1年生のママたちにお話をうかがうと、学童以外にも「壁」を感じることが多々あるようです。

宿題の壁

小学校に入学すると、その宿題の多さにおどろいたというママが多いようです。

独自に調査したところ、「音読の宿題が毎日あって、1週間から10日くらい、毎日同じ箇所を聞かされます」というママ友がたくさんいました。

宿題は音読だけではありません。漢字書き取りや計算ドリル、時計の読み方、プリントの丸つけ直しで漢字のハネやはらいをチェックするなど、親が積極的に関わらなければならない宿題が多いようです。
子どものつまづきポイントを親が把握することで授業の補講の役割が成立します。

夕食の支度などでバタバタしながた家事もしなければならないのに宿題もみてあげないとなので、食事の準備をしながら音読の宿題をさせたり、ときにはママも隣に並んで本を読んだり、宿題に付き合うなどの工夫が必要です。
わたしの場合はパソコンで自分の仕事をしながら子どもが足し算引き算の計算をするのを聞いたり
週末はパパに任せるというご家庭もあります。

クラスや学校によっても宿題の量にバラつきがあるようです。

集中力は1年生は10分、2年生は20分…という具合に、学年×10分が妥当だと言われています。
休憩時間のとりかたの目安にしてみてください。

参加しなければならない学校行事の壁

小学校での親の出番と言えばPTAでしょうか。
「卒業までに1回は役員が回ってくる」、「低学年のうちに引き受けたほうが楽」という声もよく耳にしますよね。
息子の小学校では親にも学級委員の仕事があります。

学級委員に選出されたりPTAの役員になれば集会に参加しなければなりません。
「子どもの学校のことなので、なんとか時間をやりくりして参加したい」という気持ちはあるものの、それが平日の昼間ともなると、会社を早退したり休みをとる必要に迫られる場面が出てきます。
その他、通称「ハタ振り」といった登校下校時のパトロール、授業参観や面談などの学校行事でも同じことが言えます。

最近では「コミュニティースクール」という取り組みをしている学校も増えてきています。
読み聞かせやプール当番、洋裁教室など、親や地域の方が積極的にボランティアで学校行事に参加しようというものです。
学校と保護者と地域が連携して子どもたちを見守ろうというこの取り組みは、保護者にとっては大変な面もありますが、「学校の様子がよくわかる」、「先生とのコミュニケーションがスムーズになった」などプラスの面もあるため、経験したママたちからは「出来るだけ参加したほうがいいわよ!」と勧められる場面も増えてきました。

「小1の壁」を乗り越える方法

上記のように、子どもが小学生になると保護者の生活にも影響が及び、こういったことの総称として「小1の壁」と表現されます。

当サイトでは、運営者自身の経験や、仕事で得た情報を元にコンテンツを作成しています。
これから小学生になる子どもをもつ保護者のみなさんに「まず知る。そして備える」ことで不安を軽減するために活用していただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました