小1の壁

新学期。給食が始まるまではお弁当

春休みのお弁当

保育園の卒園式が終わって小学校に入学するまでの間も学童保育を利用する場合が多いと思いますが、この間必要になってくるのが“お弁当作り”です。

給食が始まるまではお弁当作り

春休みカレンダー
例えば我が家の場合、保育園の卒園式は3月24日土曜日。小学校の入学式は4月9日月曜日に行われます。
その間は2週間。上のカレンダーでオレンジ色になっているところがそうです。

この期間中、平日の10日間は学童保育に通うことになるためお弁当を持たせる必要があります。

入学前に学童保育を利用した場合

学童によってはお弁当の注文をとってくれるところもあります。
ただその場合、「注文したお弁当を食べる子ども」と「ママの手作り弁当食べる子ども」が混在することになり、手作り弁当をうらやましがる子どももでてくるようです。

我が家の場合、2日だけお弁当を手作りして持たせました。毎日作れなくてかわいそうだったかなと心配しましたが、子どもは満足してくれた様子です。

入学式の当日と翌日のお昼ご飯

入学式当日も、その翌日も午前中で解散になる小学校が多いようです。
給食が始まる時期は学校によってさまざま。

学童で食べられるようにお弁当を作る日が何日か続くとみておいたほうがよいでしょう。

先輩ママの声

先輩ママAさん
先輩ママAさん
小学校の入学式当日は給食がありませんでした。わたしは休みをとったので子どもと家で昼食をとることができましたが、午後から仕事に行くママ友はお弁当を持たせて学童に送り出していました。
入学式の翌日も午前中で学校体験が終わります。さすがに2日続けて仕事を休むわけにはいかず、学童で食べられるようにとお弁当を作って持たせました。
学校や地域によって差はあるでしょうが、わたしの場合はこの翌日から給食が始まりました。
“給食って本当にありがたいな”とつくづく思いました。
先輩ママBさん
先輩ママBさん
お弁当作りに慣れていないので最初の頃は段取りが悪く、出かけるまでの時間はバタバタとして大変でした。
あまりにもバタバタしていたため、せっかく作ったお弁当を持たせるのを忘れてしまったことがあったのですが、そのときは学童から連絡があり、コンビニエンスストアで調達してもらって、あとで精算しました。
今思い返しても嵐のような春休みでした。
先輩ママCさん
先輩ママCさん
うちの子は普段は食が細く、夕食は残してしまうことも多いのですが、春休みの間、お弁当が楽しみだったようで毎日完食してくれました。
「明日もカラアゲ入れてね!」と毎日鶏の唐揚げをリクエストされたので、フライパンで焼くタイプや電子レンジで作る唐揚げなど簡単にできる唐揚げを習得!
早起きするのは大変でしたが、子どもの喜ぶ顔とカラになって返ってくるお弁当箱が励みになっていました。