小学校1年生

どんぐりなどの木の実を集めたら3日間は冷凍保存しておきましょう

小学校の課題どんぐり集め

運動会が終わると息子の通う小学校から
「いろいろな種類の木の実を集めてください」
という連絡が。

小1のお子さんがいるママは早めに木の実を集めはじめましょう。
なぜかというと…。

この時期、公園からどんぐりが無くなる!?

運動会が終わって最初に配られた学級便りに「どんぐりやまつぼっくり、いろいろな種類の木の実を集めておいてください」と書かれていました。

小学1年生は秋になると、いろいろな木の実を使って工作する授業があるようです。

実はわたし、「この時期は公園から一斉にどんぐりが無くなる」と先輩ママたちから聞いたことがあったのです。
なるべく早めに集めに行かないと状態のいい木の実を見つけるのが難しくなるかもしれないので、延期になった運動会が終わるとすぐに息子と近くの公園に出かけました。
(運動会の日、小学校1年生はお昼を食べて解散となります)
小学生のどんぐり集め
わたしの住んでいる地域にも自然豊かな公園がたくさんあります。

この日、近所でもイチバン大きな公園に行ったのですが、なんと、すでにまつぼっくりは全滅! 落ちているのはつぶれて原型をとどめていないものばかり。松の木はたくさんあるのに、カタチのきれいな松ぼっくりは1つも見つけることができませんでした。

近隣の小学校でも1年生は木の実集めが課題になっています。
数の少ない種類の木の実は、やはり早めに集めておかないと確保することが難しいです。

どんぐりから虫をわかせないために3日以上冷凍すべし

それでもどんぐりをはじめ数種類の木の実を集めることができました。

拾った木の実の中には、すでに虫が卵を産み付けているものがあるかもしれません。これを放っておくと、孵化した虫が木の実に穴を開けて出てきてしまいます。

それを防ぐために、集めた木の実はチャック付きのビニール袋など密封できるものに入れ、冷凍庫で3日間以上保管します。
3日も冷凍庫に入れておけば、たいがいの卵は孵化しません。

学校に持っていく前にどんぐりの自然乾燥を

冷凍庫から出して学校に持っていく際には、前の晩に冷凍庫から出しておき常温に戻します。
ビニール袋に入れたままだと、冷凍庫から出した木の実が汗をかき、その水分で腐ってしまうことがあるのです。

持っていく前の晩に、タオルの上に木の実を広げ、自然乾燥させてから持たせてあげてください。