ツール・アイテム

スマホ選びの条件は電池持ちの良さとテザリング。FREETELのPriori4

Priori4

わたしがスマホに求める要素は主にこの2つです。

  • 電池の持ちがよいこと
  • テザリングできること
Priori4電池の持ちがよくテザリングもできるPriori4

FREETELホームページより

電池の持ちがいい

スマホって電池の消費が激しいですよね。
ですから、外出先でも出張でも電池の残量を気にせずに使えるということは、かなりのメリットだと言えます。

充電アダプターにつないで就寝する場合、だいたいどの機種も朝には100%に充電されていると思います。
Priori4は1日普通に使っても60%くらいまでしか減りませんだから、そのまま充電せずに2日目も持ち歩くことができます。1泊の出張なら充電アダプターを持っていかなくても大丈夫なくらい。

iPhoneの中でもいちばん電池容量が多いiPhoneXと比較しても、ほらこの通り。約1.5倍の電池容量です。

機種 電池容量
Priori4 4,000mAh
iPhoneX 2,716mAh
iPhone 8 Plus 2,691mAh

テザリングが必要な理由

使用頻度はかなり低いですが、それでもテザリングを使いたいなと思うことがあります。

プリンター出力

わたしはデータ使い放題のSIMカードを挿したパソコンを使っているので、自宅に光回線を引いていませんし、モバイルwifiルーターも使っていません。

しかし、自宅のプリンタから資料を出力するときにテザリングが役にたちます。
パソコンのデータを無線でプリンタに飛ばす際にスマホのテザリングを使ってプリントするのです。
無線プリント

外出先での“もしも”に備えて

わたしはスマホが苦手なのでパソコンでブログを更新します。
LINEやメッセンジャーもパソコンを開いてメッセージを打ちたい。
だからモバイルパソコンは常に持ち歩いています。

わたしが使っているパソコンにはSIMカードを挿してあるので、wifiルーターやテザリングの接続設定をしなくてもネットにつながります。ですから日常的にテザリングを利用することはありません。

それでもごくたまに外出先でテザリングを使いたいときがあります。
何かの加減で表示が重たいと感じたときや、容量の大きい画像をたくさんクラウドストレージにアップしてしまったときなどです。

ですからテザリングは“もしも”のときの保険のような役割です。