小1の壁

小1の壁!? 親が参加する行事の1つ「PTA環境整備」について

PTA環境整備

子どもが小学校に入学して3ヶ月。今月末からいよいよ夏休みに入ります。

子どももわたしも小学校生活に慣れてきてホッとしていた矢先、小学校から「PTA環境整備作業ご協力のお願い」という通知が来ました。

PTA環境整備ってなに?

PTA環境整備とは、「子どもたちの学ぶ環境を一緒にメンテナンスしましょう」ということです。
作業内容として、どんなことをするのかというと…

  • 蛍光灯掃除
  • 除草
  • 校庭整地
  • 樹木剪定
  • カーテン作り
  • エプロン補修 など…

校舎の中だけではなく外の作業もあるようですね。
6年生児童も参加するそうで、子どもにとっては奉仕の心を学ぶ機会にもなっているようです。

PTA環境整備はいつ?

夏休み中の日曜日に行われ、8:00集合で10:30には解散になる予定とのこと。
雨の場合、校舎外の作業は校舎内での作業に振り替えとなるようです。

必ず参加しなければいけないの?

出欠席票を提出することになっているので絶対に参加しなければいけない行事ということではありません。

ただ、「子どもたちによい環境で2学期を迎えさせたい」という趣旨ですから、できるだけ都合をつけて参加したいものです。
こういった学校行事は保護者同士でコミュニケーションをはかるいい機会でもあります。

たくさんの保護者が出席することができれば、その分、整備が行き届きます。作業も短時間で済み、参加者の負担も少なくなりますしね。

夏休み中の日曜日ということもあり、我が家ではパパが参加してくれることになりました。

担当箇所の案内(追記)

出欠席表の提出の際に、どんな作業をしたいかという簡単なアンケートがついていたのですが、出欠席表を提出してから約2週間たち、小学校から「除草作業をお願いします」という手紙が届きました。

パパは「校舎の中での作業を希望します」と書いたそうなのですが、この酷暑ですからね、みなさんお気持ちは一緒です(笑)

パパには冷たい麦茶を作って持たせたいと思います(笑)

PTA環境整備の除草作業

ちなみに、マイ軍手や草掻きなどの除草グッズがあれば持参することになっています。

酷暑だからといって、タンクトップのような肌を露出した服装はNG。
汗がどんどん蒸発してしまうことで、かえって熱中症の症状が出やすくなってしまいます。

暑いですが、風通しの良い長袖がおすすめです。
長袖は汗の蒸発を防いでくれるので、結果的に身体の水分が放出されすぎるのを防いでくれます。
暑い国の民族衣装がみな長袖なのも、このような理由があるためです。

いずれにしても、帽子をかぶり、水分をしっかり摂りながら作業したいものですね。