ツール・アイテム

本当に使いやすいスケジュール帳って? システム手帳の賢い選び方

スケジュール帳

そろそろ来年のスケジュール帳を選ぶ時期でしょうか。
かくいうわたしは、もうすでに入手いたしました(笑)

わたしが愛用しているのはレイメイ藤井さんのB5のマンスリーノート。

「いやいやスケジュール帳でB5って大きいでしょ」
今そうツッコミをいれたあなた。実際、数人の友人にも同じツッコミをされましたけど、この大きさが使い心地の良さにつながるんです!

結局使わなくなるスケジュール帳の謎

あなたは
「お気に入りのスケジュール帳を買ったはいいが、あまりつかわなかった」
という経験はないですか?

「好きなキャラクターのものだから」
「表紙のデザインがかわいいから」
「著名人がプロデュースしているから」

そういう理由で購入しても、使い勝手が悪ければ自然とその手帳を開くことはなくなります。

B5という少し大きめなサイズだからこそ予定の書き込みが楽なんです。
(「B5ってどのくらいの大きさだっけ?」という人は学校で使っていたノートを思い出してね)

楽だからノートを開く頻度が多くなる。
そしてこのノートは見開きで1ヶ月のカレンダーをひと目で見ることができるので、どこに何を書いたか視覚的に記憶しやすいのです。
見開きマンスリー
例えば、友達とのランチ中、「来週末空いてる?」なんて聞かれたときも、このノートの見開きページがパッと脳裏に浮かびます。

そして思い出すのです。

“ 来週末っていうと、見開き右すみの中段あたりだよね… あー、そういえば歯医者の予約を入れたのがその日だったかなぁ ”

もちろんこのノートを持っているときだったら開いて確認すればいいんですけど、持ってない時に限って予定を聞かれることってありますよね。
そんなときにも、ページをざっくりスキャンしたように1ヶ月の予定を頭の中で思い出すことができます。

ノートカバーを使うと筆記用具の持ち運びに便利

わたしはスケジュールノートをノートカバーに入れて持ち歩いています。
同じタイプのものがもう売っていないようなので近いタイプを紹介しますね。


このノートカバーにスケジュールノートと、場合によってはもう一冊メモ用のB5ノートを入れて持ち歩いています。

わざわざノートカバーに入れて持ち運ぶ理由は、筆記用具や他のノートとひとまとめにして持ち運べるから。それに、ノートカバーにチャックがついているというのも魅力です。

置いたままちょっと席を外したときなど、このチャックがあることで「誰にも見られない」という安心感があります。
自宅でも職場でも、チャックを閉めて置いておけば、わざわざチャックを開けてまで中を見る人はいないでしょうから。

実はサイズも種類も豊富

わたしは「マンスリー」の「月曜日始まり」のタイプを愛用していますが、「日曜日始まり」や「ウィークリー」なども選べます。

追記:日毎の履歴チェックが必要な仕事を受けたため、「4プラン」が掲載されているものを購入。2019年はこのタイプのノートを使ってみることにしました。
4プランタイプ
レイメイ藤井さんのノート&ノートカバーを紹介してきましたが、クリックしてもらうとわかるように、実はサイズも種類もいろいろあります。

もし小さいサイズがよければ、A5サイズあたりなら持ち運びには便利。

それでも、もしあなたがフリーランス・個人事業主だったとしたら、やっぱりB5サイズがおすすめ。

なぜって、それはノートのサイズは自分の思考サイズに比例するから。

その理由はノートのサイズは思考スケールに比例するをどうぞ。