子育て

溶連菌感染症は子どもだけでなく大人も感染します。しかも何度も!

溶連菌感染症

このページでは溶連菌感染症の基本的な特徴について、かかりつけの小児科の先生からうかがったお話をまとめたものです。

感染症のリスクを避けるためには注意が必要です。

溶連菌感染症ってどんな病気?

幼稚園や学校で流行することが多い溶連菌感染症。子どものいる方なら聞いたことがある人人も多いのではないでしょうか。

溶連菌は「子どもがかかりやすい感染症」というイメージが強いですが、実は大人も感染します。しかも免疫ができないので何度も感染してしまいます。

溶連菌感染症はA群溶血性連鎖球菌という細菌による感染症で、咽頭炎や扁桃腺炎を引き起こします。

重症化したものは猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれていますが、最近は重症化することはまれだそうです。

溶連菌感染症はどうやって感染するの?

飛沫で感染します。
幼稚園・保育園・学校などで流行することが多く、兄弟や両親にも感染しやすい感染症です。
感染を防ぐような免疫ができないので、何回でもかかってしまう可能性があります。

感染した子どもの食べものや、飲み物を飲んでいたカップを共有したりするのはやめましょう。

溶連菌感染症の症状

潜伏期間

2~3日。
下記のすべての症状がでるわけではないので注意が必要です。

発熱

38℃台程度の発熱がある場合が多いですが、熱がでないケースもよくあるのだとか。

咽頭痛

のどが真っ赤になり、のどの粘膜に出血をともなうことも多く、痛みが強いのが特徴です。

いちご舌

咽頭痛が出て2~3日後に、舌がいちごのように赤くブツブツしてくきます。

発疹

かゆみを伴う発疹が身体の一部に少しみられる程度ということが多い。

手の皮がむける

皮膚がカサカサした感じになり、1~2週間後に発疹が出た部分の皮がむける。

溶連菌感染症の治療

抗生剤がよく効くので、服用すれば1日で熱が下がり、咽頭痛も改善します。
抗生剤を1日服用すればほとんど感染しなくなるため、園や学校は休む必要はないこととなりましたが、治療が必要ないわけではありません

合併症のリスク

怖いなと思うのは、完全に細菌を叩いておかないと、急性腎炎・リウマチ熱・血管性紫斑病などを合併することがあるということ。
1~14日間、抗生剤をしっかり服用する必要があるので、処方された薬はしっかり飲み切りましょう。

腎炎などの合併症を発症していないかどうか確認するためには、2~3週間後に尿検査を受けます

小児科によっては「薬を飲み終えたら3日後に採尿して届けてください」と検尿キットも一緒にわたしてくれます。
しかし、提出する日が休診日や休診日の前日だと尿検査が行えない場合があるのだそうです。
薬を飲み終える日と検尿のスケジュールは初診の際に確認しておくとよいでしょう。

急性腎炎の症状

・血尿
・蛋白尿
・むくみ(顔や下肢に強くみられる)
・全身倦怠感

ほとんどの場合は1ヶ月程度で治るそうですが入院治療が必要になります。

溶連菌感染症にかかってしまったら…

合併症のリスクを避けるためにも、処方された抗生剤はきちんと飲みましょう。

子どもが溶連菌感染症にかかってしまった場合は、子どもが通う園や学校の先生にも連絡し、お昼に薬を飲み忘れないようにしてもらうことが大切です。