WordPress

WordPressでホームページを作ったらテーマを入れてデザインを変えよう

WordPressテーマ

ドメインを取得してサーバーでWordPressをインストール。
無事にホームページをオープンすることができたら、まずは自分を褒めてあげましょう(笑)

次にするのはテーマのインストールです。
テーマというのはホームページのデザインの丸ごとパッケージのようなもの。

今日は、実際にわたしが利用したことのあるテーマを中心におすすめテーマを紹介します。

無料のWordPressテーマのおすすめ

テンプレートキング

業種や配色から好みのデザインを検索することができます。

無料WordPressテンプレート(テーマ)配布サイト テンプレートキング

ビズベクトル

企業っぽいカチっとしたテーマが多いですが、有料の拡張デザインもあります。
カスタマイズするときに柔らかい色を選べば、個人事業主やフリーランス向けにもしっかりしたサイトを作ることができます。

無料WordPressテーマ BizVektor [ ビズベクトル ]

無料のWordPressテーマはこの他にもたくさんあります。
検索すればいくらでもでてきますが日本語化されていないものも多いので、日本語しかわからないわたしでも簡単に使えたものだけ紹介しました(笑)

有料のWordPressテーマのおすすめ

TCD(ティーシーディー)

デザインプラスという会社が開発しているWordPressのテーマ。種類が豊富でデザイン性の高いものが多いです。
TCDのテーマはいくつ購入したかわからないくらい買いました。それなのに「TCD」ってなんの略なのかいまだにわかりません(笑)

国内シェアNo.1、世界最高峰のWordPressテーマ「TCD」

OPENCAGE(オープンケージ)

OPENCAGEのアルバトロスを愛用していました。
メインカラムの表示幅が狭いのでPCで見ている閲覧者にとっては目に優しいです。改行を目で追いやすいので。

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

パソコン閲覧者に有効

次から次にオシャレなテーマが開発されるので今見るとデザインが古く感じてしまいますが、パソコン閲覧者が多い特性を持つWEBサイトには相変わらず有効です。
わたしの作ったサイトの中には、今でもあえてアルバトロスを使っているものも複数あります。



CrossPiece(クロスピース)

CrossPieceのアトラスは、わたしのアフィリエイトの師匠が監修しました。
ですから、すでに収益をあげているアフィリエイターだけでなく、これからアフィリエイトを始めたい人にもおすすめです。

WordPressテーマ【ATLAS】

JIN(ジン)

このホームページもJINで作っています。
(2018年10月26日現在)

JINもATLASを開発したCrossPieceさんの開発テーマです。
いままでた紹介したテーマのなかでいちばん女性受けするのがJINではないかと思っています。

WordPressテーマ「JIN」ダウンロードページ

実はJINを導入するときに、サルワカさんのSANGOというテーマと迷いました。
デザインの雰囲気はよく似ているのですが、カスタマイズの利便性で比較したときにJINに軍配が上がりました。
JINも「ひつじさん」というアフィリエイターさんが監修しているのでサイトの収益化が考え抜かれたテーマです。

SANGO(サンゴ)

「どうしてもサルワカさんの雰囲気が好き」というサルワカ愛好家さんにはSANGOをおすすめします。

SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ

賢威(けんい)

徹底的にSEOにこだわりたい人のための戦略的テンプレートです。
検索結果で自分のサイトを上位表示させることを意識した内的SEO要素がふんだんに盛り込まれています。
ブロガー、アフィリエイターさんにおすすめ。

SEOテンプレート【賢威】

WordPressのテーマ選びのコツ

「訪問者を増やしたい」とか「収益化を考えているサイト」なら有料一択だと考えたほうがよいでしょう。

有料テーマのほうがデザイン性、カスタマイズ性、SEO対策、サイト構成などどの切り口から見ても勝っています。
だから有料なんですけどね(笑)

まずは無料のテーマを入れてホームページを整える。そして、いずれ有料のテーマに変更するという方法もありますが、その場合、WordPressの「外観」>「カスタマイズ」で行う細かな再設定が必要となりますので心得ておいてください。