喜多川泰さんの運転者は「頑張ってるのに…」とクサクサしている人にオススメ

喜多川泰「運転者」 その他

喜多川泰さんの新作「運転者」を読了!

読み始める前のしばらくのあいだ、漠然としたモヤモヤに取りつかれていたので、そのモヤモヤを打破するきっかけになればいいなと思って読み始めたんだけど、ただモヤモヤが晴れただけじゃなくて、そのモヤモヤの正体もハッキリ理解できるほどの「ヒラメキ」と「納得」と、期待以上の「気づき」をくれた本です。

P128とP129の間にカラーページが4ページあります。
もし書店でパラパラっと中身が見られるようなら、この4ページだけ立ち読みしてみてください。
この4ページを読んで、あなたのアンテナにピピピッと感じるものがあればぜひ読んで欲しいと思います。

喜多川さんの作品は読み終わったときに清々しい気持ちになる作品ばかり。
わたしは新元号が発表になる10分前に読み終わったんだけど、新元号「令和」の由来を聞いて、さらに清々しい気分になれました!
このまま上機嫌でいけそう♡

タイトルとURLをコピーしました